LINE TEL オープン記念キャンペーン

腰椎椎間板ヘルニア | 藤沢市の整骨院なら片瀬いろは整骨院

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアは腰やお尻から太ももにかけて疼痛、しびれがあり体幹の前屈や回旋などの動作で疼痛が増強してしまいます。
背骨の腰の部分(腰椎)の間に椎間板の中にある髄核が飛び出てしまうことで、そこを通る脊髄神経に触れてしまいます。さらにそこに炎症が起こることによりお尻から下肢にかけて疼痛、しびれをきたします。
さらに体幹を前屈させることや回旋させる動作を行うことでさらに神経を刺激する動きになってしまうことで下肢症状が増強してしまいます。

また、筋力低下により足首や足の親指に力が入らず関節を曲げたり伸ばしたりすることができない症状が出る方もいらっしゃいます。
足首を起こす、親指を伸ばす、曲げる、などの動作は腰椎から出ている神経の支配によりそれが筋肉に伝わることで力を入れることができるのですが、ヘルニアの場合、神経が炎症を起こすことで足の筋肉に力が入らず上記のような動作をすることができなくなってしまいます。
腰椎の中でも、どの位置でヘルニアが起こっているのかにより神経が支配している場所がそれぞれ違うため筋力低下の場所によりどこで起きたヘルニアが症状の原因になっているのかを見極めることが重要です。

その他にも、膀胱直腸障害により頻尿、尿漏れ、残尿感、排便しづらいなどの身体の内部の症状が出てしまう場合もあります。
腰椎から出た神経は膀胱や直腸にもつながっており、排尿や排便も腰椎から出る神経が正常に伝達することで行うことができます。
しかしヘルニアの場合神経がうまく伝わらず、尿や便を我慢するための筋肉が正常に収縮や弛緩することができなくなるため、頻尿や尿漏れ、残尿感や排便できないなどの膀胱直腸障害を引き起こします。

腰椎椎間板ヘルニアに多い症状

腰椎椎間板ヘルニアの原因

ヘルニアとは、ラテン語で「飛び出る」という意味です。
背骨のうち、腰の部分を腰椎と呼びます。腰椎と腰椎との間には、椎間板と呼ばれるクッションの役割をしているものがあります。椎間板の中には髄核と呼ばれるゼリー状のものがあるのですが椎間板が破れてしまい、なかの髄核が飛び出てしまっている状態、これをヘルニアと呼びます。
そして飛び出した髄核はそこを通る神経を圧迫します。圧迫して神経が炎症を起こすことにより、圧迫部分の神経の先の支配領域に疼痛、痺れ、筋力低下どの症状を引き起こします。
ではなぜ、検査をしてヘルニアの人は全体の七割もいるのに、実際に症状が出ている人はほんの一部なのでしょうか?それは体のゆがみにありました。つまりただ検査でヘルニアがあるだけでは症状は出ません。
『ヘルニア+体のゆがみ』がある場合に圧迫された神経が炎症を起こしてしまうのです。

普段から猫背の姿勢でいる方や、左右どちらかにばかり重心をかけて生活されている方は、筋肉が縮んでしまう筋肉と常に伸ばし続けられている筋肉に分かれます。部分が出てきます。これにより体はバランスを崩しゆがみの原因となります。

腰部分は主におなかの筋肉の深い部分や骨盤の周りの筋肉、背中の筋肉で支えられて安定しているのですが、筋力が低下してしまうことで腰部分が安定できない状態になり体のゆがみにつながってしまいます。
腰部分が安定できなくなりさらに縮んだ筋肉が腰椎を引っ張ってしまうことでヘルニアの部分が圧迫した神経に炎症を引き起こしてしまうというわけです。

当院での改善法

身体の土台でもある骨盤や背骨に矯正を加えることによって体全体のバランスを整え、その正しいバランスの状態に対して骨格・骨盤を支える深部の筋肉(インナーマッスル)を正常に使えるように刺激を入れていきます。

根本的に施術を行うことにより、痛みは改善するのはもちろん、痛みの出にくい身体を作ることもできます。一般的な整骨院は、マッサージやボキッと鳴らす矯正が主流となっている中、当院は、痛みの根本にアプローチするような施術を行っています。

当院は、カウンセリング・検査に力を入れており、お一人お一人にじっくりと時間をかけて、施術プランを決定して行きます。痛みが出ている原因を明確にし、お客様が自分自身のお身体の状態を理解した上で施術を行います。

当院は、浅部筋に対して、筋膜リリースを使ったアプローチを行い、筋肉や関節の動きをよくして行きます。痛みが出ている筋肉を直接押すのではなく、筋肉や筋膜の繋がっている別の部位から背術を行うので痛みなく施術を受けて頂けます。

また、骨格・骨盤に対しては特殊なベッドを使い無痛の矯正、それに加えてインナーマッスルに対して刺激を入れて行き根本的にアプローチを行います。ヘルニアによる痛みで悩まれている方は、しっかりと効果を実感できる施術を体験して見てください。

ヘルニアは症状の見極めが非常に難しく、正しい知識と豊富な経験が必要不可欠です。
他院で肉離れや坐骨神経痛、筋肉痛などと他院で見逃されて当院に来院される方がいらっしゃいます。
たとえ症状が軽度であっても炎症が大きくなれば激痛に代わってしまう可能性もありますので一度、当院にご相談の電話をお願いします。