LINE TEL オープン記念キャンペーン

変形性膝関節症 | 藤沢市の整骨院なら片瀬いろは整骨院

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは?

膝関節が変形したり、クッションとして働いている関節軟骨が加齢にともないすり減っていくことで、同じ部分に負荷が加わり膝の内部に炎症が起きることで痛みが起こる症状です。

・膝の曲げ伸ばし
・正座
・しゃがむ時
・歩行時
・立ち上がり

などに痛みが起こることが多く、日常生活に支障をきたすケースも少なくありません。

一般的な処置

病院などで変形性膝関節症と診断されると
・リハビリ(自転車など)
・ステロイド、コラーゲン注射
・痛み止めの服用
・湿布
・テーピング
などの処置をされることが多いです。

また人工関節置換手術や、骨切り術などの手術を薦められることも多いです。
しかし、手術をしても症状が再発してしまったり、固定期間の間に筋力が落ちてしまい歩行困難になるケースが多いです。

当院のアプローチ方法

当院では、変形性膝関節症の原因を
・下肢の歪み
・インナーマッスルの低下
だと考えています。

骨盤、股関節、膝関節、足首などの下肢の関節などに歪みが出ると、O脚になり、変形性膝関節症の原因になってしまったり、膝関節に負担をかけたりする原因になります。

またインナーマッスルの低下が起こると、膝関節への負担がアンバランスにかかることで膝の痛みや腫れの原因になります。

そこで当院では、まず関節軟骨の炎症状態や半月板の状態をエコー(超音波)検査、関節可動域検査などの検査で確認します。

その上で、下肢のバランスを整え、膝関節の負担を軽減します。
その後、インナーマッスル(深層筋)に対してEMSや筋肉トレーニングを行い膝関節に負担がかかりにくい身体を作っていきます。

またお体の状態に合わせたトレーニングやストレッチ指導も充実しているため「ストレッチやトレーニングが重要っていうのは分かっているけど何をしたら良いのか分からない」という方にもオススメです。

患者様の声

患者様の声 60代女性 変形性膝関節症

<症状>

膝の痛み

<来院のきっかけ>

母が先に通院していて、膝が痛むなら一緒に行こうと誘ってもらった。

<施術を受けた感想>

やってもらった後、楽になって歩きやすい。
膝関節炎で痛みがひどかったが、立ち上がりやすくなった。
買い物に歩いて行くのも、休憩せずに長い距離も歩けるようになった。

<スタッフの印象>

みんな、親切で優しくて親しみやすくて話しやすい。
時間変更もすぐ対応してくれるし助かっている。

<これから通院を考えている方へ一言>

本当に来て良かったと思っていて、治るまで頑張って通いたいと思う。