LINE TEL オープン記念キャンペーン

脊柱管狭窄症にお困りの方へ | 藤沢市の整骨院なら片瀬いろは整骨院

Blog記事一覧 > 脊柱管狭窄症 - 片瀬いろは整骨院の記事一覧

脊柱管狭窄症にお困りの方へ

2021.12.13 | Category: 症状別ページ,脊柱管狭窄症

コロナ感染症対策

症状についての説明

脊柱管狭窄症の症状には腰痛、お尻から足にかけての重だるさ、しびれ、灼熱感などがあります。腰椎椎間板ヘルニアと類似している症状が多々あるのですが典型的な違いがひとつあります。

長く歩けない(間欠性跛行)

間欠性跛行とは、簡単に言えば歩くとすぐに脚に重だるさや痺れが出現し座りこんでしまう。休むとまた歩ける、というように、歩く休む歩く休むを繰り返してしまう症状のことを言います。

「間欠性跛行」は脊柱管狭窄症の典型的な症状です。

腰痛やヘルニアによる激痛とは違い、重さやだるさがメインの症状なのですが、この症状のせいで日常的にも多く支障が出現します。

症状は軽度なものでは30分程度歩行が可能なものから、進行していくに連れ、5分も続けていられないものまであります。

もし歩くことができなかったらどんな支障が出るでしょう?

  • 毎日の日課だった散歩ができなくなる
  • 近所までの買い物さえ嫌になってしまう
  • 友人の誘いを迷惑をかけまいと断ってしまう
  • 外では常に椅子を探してしまう
  • しゃがみこむことでいろんな人に心配をかけてしまう
  • 孫の結婚式に行けるか不安

これは全て当院に来られた利用者様の実際の声です。

歩くことができなくなれば下肢の筋力も衰えてしまい、狭窄症の症状とは関係なく、長く歩くことはできなくなってしまいます。

脊柱管狭窄症の症状は放置しいていても改善することが難しいため、症状が軽くても、これくらいなら大丈夫だろう、と思わず一度ご相談くださいね。

原因

脊柱管狭窄症の原因には以下のものが考えられます。

第1位  背骨への負担

長年の姿勢の悪さ、ソファーに座った際の姿勢の悪さが第一に挙げられます。

背骨への負担が継続的にかけられたために椎間板が変形し、神経を圧迫しています。しかし、この場合でも当院の施術で良くなる事ができます。

第2位  過去の圧迫骨折

特に女性に多いのですが、女性は46歳を過ぎた頃がらホルモンの関係上、徐々に骨密度が低下してきます。すると、軽く転んだり、重たいものを持った瞬間に腰椎を骨折してしまうことがあります。

本当に些細なことが原因で骨折してしまうため、一般的には「いつの間にか骨折」などと呼ばれたりもします。

圧迫骨折をお越してしまった場合、残念ながら、一度潰れてしまった骨は、元の綺麗な腰椎の形には戻れず、潰れてしまって状態のまま固まってしまうような癒合の仕方をします。

腰椎の形が変わってしまうことで、脊柱管が狭窄されてしまい、症状が出ることがあります。

骨折後すぐに症状が出る、というよりも、骨折が癒合したあと、時間が経ち症状が現れることがほとんどなので見落とさないように注意が必要です。

 第3位  靭帯の肥厚によるもの

背骨は椎骨と呼ばれる骨が積み重なるようにしてできてます。

椎骨同士は黄色靭帯や後十字靭帯と呼ばれる靭帯により強力に結び付けられているため、骨同士が離れたり、ずれることなく生活ができています。

この靭帯らが肥厚することにより、脊柱管を直接圧迫親しまうことで症状が出現してしまうことがあります。

このように靭帯が肥厚するものには黄色靭帯骨化症や後十字靭帯骨化症と呼ばれる状態を引き起こしていることがあるため注意が必要です。

  • 腰椎滑り症
  • 就職してからずっとデスクワーク
  • 中腰での作業が多い
  • 荷物の積み下ろしが多い
  • 猫背姿勢

上記のような状態が当てはまる方に多いのですが

背骨の腰椎は5つあるのですがその骨の一つが前にずれるようになった状態を腰椎すべり症といいます。

腰椎がズレにより、脊柱管を狭窄していまい、下肢への神経症状を引き越してしまいます。

当院での改善法

なぜ当院の施術を受けていただくと効果があり、根本的な改善ができるのでしょうか?

それは、身体の土台でもある骨盤や背骨に矯正を加えることによって体全体のバランスを整え、その正しいバランスの状態に対して骨格・骨盤を支える深部の筋肉(インナーマッスル)を正常に使えるように刺激を入れていきます。

根本的に施術を行うことにより、痛みは改善するのはもちろん、痛みの出にくい身体を作ることもできます。一般的な整骨院は、マッサージやボキッと鳴らす矯正が主流となっている中、当院は、痛みの根本にアプローチするような施術を行っています。

当院は、カウンセリング・検査に力を入れており、お一人お一人にじっくりと時間をかけて、施術プランを決定して行きます。痛みが出ている原因を明確にし、お客様が自分自身のお身体の状態を理解した上で施術を行います。

当院は、浅部筋に対して、筋膜リリースを使ったアプローチを行い、筋肉や関節の動きをよくして行きます。痛みが出ている筋肉を直接押すのではなく、筋肉や筋膜の繋がっている別の部位から背術を行うので痛みなく施術を受けて頂けます。

また、骨格・骨盤に対しては特殊なベットを使い無痛の矯正、それに加えてインナーマッスルに対して刺激を入れて行き根本的にアプローチを行います。狭窄症による痛みで悩まれている方は、しっかりと効果を実感できる施術を体験して見てください。

片瀬いろは整骨院の他との違いは?

・1つ目の違い

患者様の要望と身体に合わせたオーダーメイド治療! その方にあった最高の治療をご提案します。

・2つ目の違い

痛みの根本改善、目先の辛い痛みを早期に取り除くのはもちろんの事、当院は利用者様の痛みの本当の原因を調べ、丁寧に伝えさせていただいております。

・3つ目の違い

月1回の検査を実施! 当院では毎月患者様の筋肉、骨格、姿勢の検査を行い現状の患者様の状態をわかりやすく伝えています。

施術の流れ

ご予約

4時間HPの予約フォーム、もしくはLINEよりお問い合わせいただけます!
(営業時間内であればお電話でのご予約も可能です。)
予約のお時間は施術開始の10分前にお取りしております。

ご来院受付

予約日にお越しいただきましたら受付にお名前をお伝えください。
予診表にお悩みや症状の詳細をご記入いただきます。

問診

施術前にどういった症状かを決めて確認します。
お記入いただいた予診表をもとにお伺いします。
検査
問診でお聞かせいただいた部位の検査の他に、姿勢、体幹の筋力、体組成検査を行い、
総合的なお身体の評価と根本の原因を判断させていただきます。
カウンセリング
検査での判断を元に、一人一人に対し最適な施術のご提案や普段から行える生活指導をいたします。
もちろん、内容については患者様と担当した施術家でご相談して決めていきます。
施術
カウンセリングで決定した施術を行います。
基本的にはリラクゼーション目的のマッサージなどではなく、
根本改善を目的とした各種矯正やインナーマッスルのトレーニングを行います。
お会計と次回予約
施術終了後は受付にてお会計となります。
その時点で以降のご予定がお決まりの方は、次回のご予約をお取りいたします。