LINE TEL オープン記念キャンペーン

各種検査 | 藤沢市の整骨院なら片瀬いろは整骨院

各種検査

藤沢市の片瀬いろは整骨院では
身体の総合的な検査を行なっております

トータル検査

藤沢市の片瀬いろは整骨院では、患者様一人一人のお悩みを根本から解決するべく検査を重要視しています。
同じ箇所の痛みであっても、その原因は生活やクセなど千差万別です。
検査によって判明した体の歪みや不調の原因をもとに、必要なアプローチをしていきます。

こんなお悩みはありませんか?

このようなお悩みがある方も、ここにないお悩みでお困りの方もぜひお気軽にご相談ください。
ご予約していただけますと予約優先でご案内が可能となっております。
検査の種類は以下のようになっております。

姿勢検査

痛みや不調の正体

片瀬いろは整骨院は病院や整形外科のようにレントゲンを撮ることはできません。
しかし、人の体の歪みは写真上でも確認することができます。
歪み方もそれぞれ特徴があり、姿勢を見るだけでも痛みやすい部位や硬くなりやすい筋肉を特定することができます。
また、矯正や楽トレなど姿勢改善を目的とした施術を行なっている方は定期的に姿勢検査をしていただく事で、ご自身の体の変化を客観的に確認することができるため効果を実感されやすいです。

超音波(エコー)検査

超音波(エコー)は人が聴くことができない高い周波数の音波を体の各組織に当て、跳ね返ってきた音を電気信号に変えて画像に表します。「何にあたって跳ね返ってきたか」によって受け取る信号は変わるため、内側の様子をより鮮明に知ることができるのが特徴です。
片瀬いろは整骨院では超音波(エコー)検査を以下の2つの目的で使用しています。

・ケガの重症度の判定

片瀬いろは整骨院にご来院される患者様の中には、ねんざや肉離れなどの急なケガに悩まれている方もいらっしゃいます。
こういったケガは皮膚の内側で起こっているため、靭帯や筋肉が損傷していたり、軽い症状だと思っていても実は骨が折れている場合も肉眼だけでは判断が難しいです。
初めてのご来院の際にケガの状態を正しく判断するために使用し、適切な処置を行います。

・姿勢を支える筋肉(インナーマッスル)の測定

姿勢が悪くなる原因の一つにインナーマッスルの筋力低下が挙げられます。
インナーマッスルとは体の一番内側にある筋肉で主に骨格を支える役割を担っています。
中でも姿勢に関して重要な筋肉のひとつに「腹横筋」が挙げられます。
腹横筋はお腹まわりを広く囲んでいる筋肉で「天然のコルセット」とも呼ばれ、十分な筋力がある方は正しい綺麗な姿勢を保つことができます。
逆に腹横筋の筋力が落ちてしまっていると、正しい姿勢をしようとしても疲れやすく体が痛くなってしまう場合もあります。
初めてご来院された際にこの筋肉を実際に超音波(エコー)で確認することで、体の不調をきたす姿勢の悪さが筋力低下から起こるものなのかを判断します。
また、楽トレのEMSでインナーマッスルのトレーニングを行なっている方も定期的に行うことで、自身の体感だけではちゃんと鍛えられているか不安な方も安心していただけるように実際に筋力がどのくらいついてきたかを確認することができます。

体組成計検査

そもそも「体組成」とは、筋肉や脂肪、骨など私たちの体を構成する組織のことをいいます。
その「体組成」を推定して表示するのが、体組成計です。
肥満の予防・改善をはじめ健康管理を行うには、体重だけではなく、体脂肪率の測定、さらにその脂肪の内容(皮下脂肪か内臓脂肪か)や筋肉率の測定など、「体組成」をチェックして体のバランスを知ることが役に立ちます。
片瀬いろは整骨院では体組成計検査を主に以下の2つの目的で使用しています。

・筋肉と体脂肪のバランスチェック

筋肉と体脂肪のバランスは健康だけでなく、体の不調を起こしやすい姿勢の悪化に関係します。
例えば、体脂肪は少ないのに姿勢が悪い方は筋肉・筋力の減少から体を支えにくくなってしまい姿勢が崩れます。
反対に筋肉量・筋力が標準に達していても脂肪量が多いと負荷が大きくなり、今以上に筋肉がなければ体を支えられず、この場合も姿勢が乱れます。
あらかじめチェックしておくことで、一人一人に合わせた指導が可能になります。

・体内水分量のチェック

なぜ、水分量のチェックをするのか?
それは痛みや疲れの治りやすさに関わるからです。
体の中の物質交換は細胞内の水分を介して行なっています。
その水分量が減っていると、体の細胞を修復する栄養素が行き届きにくくなってしまったり、痛みを引き出すホルモンがいつまでもいなくなってくれずケガは治っているのに痛みが抜けにくい、といったことになる可能性があります。

体の痛みは単にマッサージや施術だけで治るものではなく、普段の悪い習慣の改善も重要になります。
片瀬いろは整骨院では患者様に合わせて適切なご指導をさせていただくために体組成計を導入しています。

動診・触診

・動診

動診とは字の通り『動き』を『診る』ことを指します。
痛みがあったり筋肉に硬さが生じていると当然のことながら動きが悪くなります。
どの動きが悪いかを確認することで、どの部位が悪いのかを特定することができます。

・触診

触診は実際にお体に触れ、痛みが生じるか、柔軟性は正常か、触られた感覚は正常かなどを確認します。

 

片瀬いろは整骨院では、体のどこに原因があり、なぜ不調が起きているのかを各種検査で調べ、その上で一人一人に合った施術を提案します。
そのため初めてご来院の際は必ず検査を行なっています。
なかなか治らない症状にお困りの方は、ぜひ一度体の状態をしっかりと把握するために片瀬いろは整骨院にお越しください。